HOME< Job search< Not Doing

転職の際にやるべきではないこと

誰でも転職に失敗したくはないと考えているでしょう。必ず、今よりも生活を、そして環境を良いものにしたいから転職活動をするのだと思います。 そこで、当サイトではさまざまな角度から転職活動に成功するための方法についてお話してきました。 あなたの転職の際に参考にしていただければ幸いです。

しかし、その一方で転職の際にやってはいけないことも少なくありません。今回はその点にポイントを絞ってお話をしてみたいと思います。 これから転職を考えている方は、計画を立てる際に頭に入れておくべきことです。

先に会社を辞めてしまうこと


まず、最初に挙げておきたいのが転職先が決まる前に会社を辞めてしまう事です。たしかに、働きながら就職活動をすることは決して楽なことではありません。

ですが、いくら景気が回復してきているとは言え、仕事が溢れているわけではありません。増して、現在よりも良い条件で仕事探しをするとなれば、簡単に次の仕事が決まるとはかぎりません。

そこで、時間を書けても良いので、出来る限り次の仕事のメドがついてから現在の会社をやめるようにしましょう。

転職活動には短くても数ヶ月、長い場合は1年単位の時間が必要となってしまうことだってあります。 その期間、収入が完全に途絶えてしまうことになれば、それなりの蓄えがあったとしても、底をついてしまうことになるかもしれません。

そこで、結局生活費を稼ぐためにアルバイトをせざえるを得なくなり、就職活動を自由にすることができなくなってしまう…そんな事態になってしまうと何の意味もありません。

上手に有給などを利用して転職活動をしてみましょう。近年では転職専門の就職サイトなども少なくありません。こういった情報を上手に使いながら、転職活動と仕事を両立させるようにしましょう。

転職の理由についてしっかりと考える

中途採用の場合、面接の際に転職をしようと思ったきかっけなどを聞かれてしまうことがあります。 この理由も採用を決める上でとても重要なポイントとなります。

よくおかしてしまいがちな失敗の一つが、現在の職場のことをあまりに悪く言ってしまうことです。 待遇や収入への不満などをあまりにここで話してしまうと「組織に対して不満を持ちやすい人間」という印象を与えてしまうことになります。

たとえそれが事実であったとしても、決して口にするべきではありません。できるだけ当たり触りのない答えを用意するようにしておきましょう。 また、聞かれてもいないのに、現在の仕事についてあまりしゃべりすぎるのも良いことではありません。注意しましょう。 もし聞かれたら、当たり障りのないことを答える…それくらいの気持ちでいましょう。

面接はあなたの人間性をチェックする場所でもあります。ここで、あなたの悪い面をできるだけ見せないようにすることも大切なポイントなのです。

中途採用の場合、面接にもあまり決まったテンプレートがありませんので、どんな質問にも対応することができるよう、準備しておいてください。

転職の計画を立てる際や、実際に転職活動をする際には、ここで挙げたポイントをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。 それだけで、より良い転職先を見つけることのできる可能性が高くなってくると思います。