HOME< Lifetime work< Woman purported to bring good luck to the man

するなら一番いい女を選べ

社内恋愛はタブーではありません。できる男ほどもてるわけですから、チャンスをのがしていてはもったいない。社内の女性を次々と食べてしまうのは必ずしも悪くはありませんが、「女漁り」をしてはいけません。「できる男」なら、女性から誘われるのを待ちましょう。決して口説きまわってはいけません。次々と声をかけ「尻軽女」を見つけてはモノにするような男性は、ただのバカです。いずれ誰からも相手にされなくなり、左遷させられて転職活動をせざるを得なくなります。

力のある男が情熱を燃やして仕事をしていれば、自然と女性の注目は集まるものです。未婚既婚を問わず、色んな女性からアプローチを受けるようになっていきます。そんなときに、来るものは拒まず寝るというのも悪くはありませんが、「できる男」なら、単に性欲の発散だけのために遊ぶのは控えるべきです。仕事でも「より良い取引相手」を選ぶのが「できる男」なのですから、大勢いる対象者の中から、一番いい女性を選んでセックスしましょう。「一番いい女」が3人いるならそれぞれモノにしても構いません。ちゃんと、相手を選ぶことが大切です。

女性が運を運んでくる!?


女性は男によって変わるとか、人生が決まるとかと言われることがありますが、それは男性にとっても同じです。男にとって、女性は人生を左右する鍵。いい女と付き合えば、おのずと人生が豊かに展開するものです。人は幸せを感ずると「やる気」が起こります。つまり、モチベーションが高まるのです。素敵な女性と性的な関係を築ければ、仕事にも良い影響があらわれるでしょう。セックスの「やる気」と仕事のやる気との間には、一定の相関があると言えます。

体だけを目当てにパッとしない女性と繰り返しセックスしたところで、得るものは大きくありません。次第に性欲も減退して、それが仕事にも影響してしまうでしょう。「いい女」はバイアグラのようなものです。奮い立たせ立派に仕事を成し遂げるためのエネルギーとなり得ます。選ぶのなら「一番いい女」にしなければなりません。

いい女ほど口が固い!?

社内恋愛が結婚につながれば幸せですが、必ずしもそうなるとは限りません。誰かと付き合い別れて、また他の誰かと付き合うということを繰り返し、それが社内で「悪評」となれば仕事に悪影響が生じます。それゆえ、社内恋愛は密かに行わなければなりません。「A子と寝た」などといった話を、例え飲んだ席でも絶対に口にしない心構えが大切です。

いくら自分の口が固くても、相手の女性が柔らかければ「情報漏れ」が生じます。従って、セックスする際には口の固い女性を選ばなければなりません。一般に「いい女」ほど口が固く、「安い女」ほど口が軽いものです。そういう観点からもいい女にこだわるべきです。自分に自信のある女性はプライドが高く、「あの人にやられた」という話を吹聴したりしませんが、あまり男性に相手にされたことのない女性は「チャンスをモノにした」という自慢をしたがります。社内で注目されているあなたの「モノ」が、「固かった」とか「大きかった」といった感想を、社内にばらまきかねません。

社内恋愛するなら、いい女を選びましょう。口の固い女性ほど、あなたのモノを固くしてくれるはずです。