HOME< Lifetime work< Company

Company

「転職には成功したものの、やはりこの年齢で新しい職場は不安だ…」と思われる方も多いと思います。転職活動中は必死だったのに、いざ成功すると尻込みしてしまう方が多いのも事実です。

しかし、もっとポジティブシンキング(プラス思考)で物事を考えましょう。

新しい職場があるということは、「新しい仕事や仲間との出会い」がそこにあるということです。そして新しい仲間を積極的に見つけた人こそ、早く新しい環境に馴染める人ということになります。

新しい仲間を見つけよう!

【まずは仕事を一緒にするチームと打ち解けよう!】

新しい職場でのあなたのポジションがどこであろうが、少なくとも「新しいチームメンバー」がそこにいるはず。あなたにとって、それが新しい環境での最初の出会いです。

そしてあなたは新入社員ではありません。先輩から何か言われるまで、黙ってジッとしているような人間ではないでしょう。だからこそ、自分から積極的に言葉をかけてください。新しい職場では、知らないがゆえに失敗をすることもあります。しかし仲間とのコミュニケーションがうまく取れているのであれば、周りも「まだ知らないことも多いだろうから、積極的にサポートしてあげよう」となります。

一方、新入社員のように黙っていたり、あるいは無駄な男のプライド(自分からは話しかけないetc…)でコミュニケーションがうまく取れていない場合は、周りのサポートも期待できません。 するとあなたは新しい職場で孤立する可能性があり、せっかくの出会いのチャンスを無駄にしたことになります。

【新しい職場で見つけたい仲間とは?】

男性の場合、年齢とともに「腹を割って話せる友」が出来にくくなります。だからこそ、「新しい環境」にある「新しい出会い」の中から、「腹を割って話せる友人」を見つけてみましょう。

あるいは新しい趣味を始めて、そこで大切な友人を見つける方法もあります。上記の通り、男性は年齢とともに友人を見つけるのが難しくなるのですが、転職によって今までとは全く違うタイプの人に会う可能性もあります。

実際、「この人との出会いが私の人生を変えた」、「この人と出会えたから新しいことが始められた」という方も多いでしょう。

男性は、女性のように共感できるだけでは満足できず、深く突っ込んだ話をしたがるもの。つい本音を話してしまうのも男性の特徴であるため、本音同士で話し合える仲間との出会いは、むしろ年齢を重ねてからの方が大きな宝となります。

いかがでしょうか?「転職を機に…」という視点で、「新しい出会い」の大切さを紹介しました。最初はお互いが腹の探り合いをするでしょうが、そんな日を過ごすうちに必ず本音で話し合えるチャンスはやって来ます。 そのチャンスを見逃さなければ、きっとあなたの人生にとって大きな宝物となる仲間が見つかるでしょう。

Top Page