HOME< Head Hunting< Difference

Difference

よくある間違いは、人材紹介会社と人材派遣会社とを混同しているケース。どちらも人を紹介する会社という点では同じです。前者は「正社員として入社する人材」を紹介し、後者は「派遣社員を斡旋」します。

両方まとめて「人材会社」などということもありますので、区別がつきにくいです。リクルートやインテリジェンスなどの大手人材会社は「人材紹介」と「人材派遣」を両方同時に取り扱っています。ある人にとってはリクルート社が派遣会社であり、別の人にとっては紹介会社ということになるため、混同されやすくなっています。

人材紹介と人材派遣、人材ヘッドハンティング。よく似ているけれど違いはあるの?

【派遣社員は派遣会社の社員】

「派遣」会社は、自社の社員を他社で働かせる会社です。派遣社員は派遣元の社員ですので、給料は実際に働いている会社からではなく、派遣元の会社から受け取ります。社会保険も派遣元での加入です。

派遣会社は人材を斡旋した会社から毎月派遣料を受け取ります。その内20%~35%程度を自社の取り分とし、残りを「派遣社員」に支払います。派遣先から50万円支払われると、派遣会社が15万円前後を収入とし、35万円前後を派遣社員の給料とします。

「3割も抜かれてるのか」と驚く人もいるでしょうけれど、3割の中から社会保険料を払ったり通勤交通費を支給したりします。有給休暇のコストもその中から支払いますので、実際に派遣会社に残る粗利は15%程度。そこから募集コストや担当社員の人件費などを支払うと利益率は極めて低いのが実情です。派遣会社の社員の給与水準はそれほど高くはありません。

【紹介会社は人を仲介して成功報酬を得る仕事】

人材紹介会社は仲介業で、転職希望者を企業に紹介するのが仕事。人材が採用されたら企業から「紹介手数料」を受け取ります。何人紹介しても面接を受けさせても、結果として入社させられなければ、収入にはなりません。ヘッドハンティング会社は人材紹介会社の一形態です。

手数料は入社した人の年収の25%~35%程度。年収500万円の人を紹介すれば150万円前後の収入となります。受け取るのは入社時の一度きりです。すごく儲かるビジネスに見えますが、転職希望者を集めるための宣伝コストが莫大にかかっています。

都心部に事務所を構え、転職希望者の面談スペースを確保するため、事務所経費も高額です。実際にはそれほど利益率の高い業種ではありません。利益率確保のために給料の安い若い社員が中心で、長時間労働によってさらにコストを下げています。

人材派遣と人材紹介とは全く別物です。ヘッドハンティングは人材紹介の一形態です。

Top Page