HOME< Job search<Enthusiasm

Enthusiasm

転職をしようと決意すると、まずどんな方法で転職先を探すのか考えなければなりません。一般的なのは、転職サイトの求人情報を調べるか、人材紹介会社に登録するかです。サイトも人材会社もたくさんありますので、どこを選ぶのか考えなければなりません。

サイトや人材会社に登録しようとすると、自分のプロフィールや職歴を入力しなければなりません。複数の会社を選べば、その都度打っていかなければなりません。やっと終わったと思うと、人材紹介会社から「希望を聞きたいから一度来てほしい」と連絡があります。複数登録したらその数だけ訪ねていかなければなりません。仕事を終えた後や休日に、です。

もうこのあたりで、「うんざり」という人もいます。これくらいで疲れてしまう人は、転職は難しいです。この先、まだまだ10倍くらいさまざまなことがあります。時間もたっぷりかかります。

転職は「面倒くさい!」ものです。それが嫌なら、転職をやめよう

意気込みが必要

【転職は「楽しんでする」意気込みが必要】

例え転職の動機はネガティブであっても、転職活動は明るく前向きにやらないと、うまくはいきません。人材エージェントと面談することも、書類を書き、自分の希望する会社選びをすることも。何度も面接を受け、不合格の悲しい知らせも聞き、合格して喜び、勤務先に辞表をだす。新しい会社に出社し新しい環境に慣れていく、という一連のことすべてを「面白がる」マインドを作りましょう。

「転職しよう」と決意してから、実際に新しい会社に入社するまで3か月から半年、長ければ1年以上かかります。その間、勤務先に隠れてずっと活動を続けるわけですので、精神力と体力は欠かせません。途中で投げやりになってしまうと、思うような転職はできません。転職するには覚悟が必要です。

楽しむためのコツ

【楽しむためのコツ】

転職は「人生を変える」ことです。生まれ変わることです。今の自分とは別の自分になるスタートです。幼稚園を卒業して小学校に入学したときの「ワクワク感」を思い出してください。それこそが転職活動に必要な心持ちです。

新しい友達ができる、新しい教科書を手にすることができる、ランドセルを背負うことができる。新しい机に向かって、今まで知らなかったことを学ぶことができる。

新しい自分への期待で胸をふくらませましょう。生まれ変わったつもりで、書類を書き、面接に臨みましょう。心を変えれば行動が変わり自分が変わります。そうして運命を変え、人生を変えることができます。