HOME< Job search< Failure

転職で失敗してしまうことも

転職することにはさまざまなメリットがあります。転職をきっかけとして大きな成功を収めることができた人だって少なくありません。当サイトでは、転職で成功するための方法や、実際に転職によって成功をおさめることができたケースについてお話してきました。 では、転職をすることにデメリットはないのでしょうか?そんなことはありません。もちろん多くのデメリットがあります。 場合によっては、転職に踏み切ってしまったことを後悔してしまうことだってあるかもしれません。 転職をすればすべての問題を解決して楽しい毎日を送ることができる…もうしかしたらそう考えている方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、転職のリスクについてもしっかりと頭に入れておかなければ、正しい判断をすることはできませんし、後になって後悔してしまうことになるかもしれません。

環境が大きく変わることによって起こる問題


まず、転職をすればこれまでの生活の中心であった職場、そして仕事の内容が変わってしまうことになります。 そうなれば、これまでの生活スタイルを変えなければならなくなってしまいます。まだ若いころであれば良いですが、30代、40代以上の年齢になると、変わった環境に適応するだけでも長い時間が必要となってきます。そして、慣れるまでの間、大きなストレスの中で生活を送らなければならないのです。 また、転職してみたはいいものの、そこが必ずあなたにとって良い環境であるという保証はどこにもありません。 もしかすると、転職する以前の方がずっと良かった…なんて思ってしまうことになるかもしれません。 待遇や収入が以前よりも良かったとしても、人間関係が非常に悪く働き辛い、というケースも少なくありません。 会社の業績などについてはある程度調べれば知ることができますが、その中の人間関係までは事前に知ることは困難です。 いざ転職してみなければわからない、ということも決して少なくはないのです。 せっかく転職したにも関わらず、新しい職場に馴染むことができずに悩んでしまい、結局短期間でまた転職のことを考えてしまう、という方も少なくありません。 あまりにも短い期間で転職を繰り返していると、その先の就職活動をする上で、大きな傷となってしまうこともあります。 そのため、本当にその会社でやって行くことができるのかどうかを、しっかりと考えることも大切なポイントとなるのです。

収入が途切れてしまうことも…

転職に失敗してしまうと、ある程度の期間収入が途切れてしまう、というケースだって十分に考えられます。 ほとんど休みととることのできない会社であった場合、転職活動もろくにすることができません。 そのため、次の仕事が決まっているわけでもない状態で、会社を辞めなければならなくなってしまう可能性もあるでしょう。 そうなれば、次の仕事が決まるまでの数か月間は収入が途切れてしまうことになる可能性だって十分にあるでしょう。 すぐに見つかるだろう…そう思って会社を辞めてしまった結果、なかなか転職先が決まらずに結局フリーターになってしまった…なんて方も少なくないのです。 このように、転職をすることにはいくつものリスクがあります。転職を検討しているのであれば、この点もしっかりと頭に入れておくべきなのです。