HOME< Job search< Increase

収入を増やすことだけが幸せに繋がりますか?

収入は私たちが生活を送る上でとても大切なものの一つです。転職をする理由の一つとして、収入を増やすことを挙げる方も多いのではないでしょうか?

もちろん、収入が増えればそれだけ経済的に豊かな生活を送ることができるでしょう。しかし、それだけで本当に豊かな人生を送ることができていると言えるのでしょうか?

もちろん、転職の際に、収入は必ずチェックしなければならない点です。極端に収入が少なくなってしまえば、それだけ生活水準を低いものにしなければなりませんので、とても大きなストレスを抱えながら生活しなければならなくなってしまうでしょう。

しかし、収入アップにこだわりすぎてしまった結果、あなたにとって理想からは遠くかけ離れた仕事をしなければならなくなってしまう可能性だってあるのです。

収入をとるか、好きな仕事をとるか


食品メーカーに勤める20代後半のFさんが転職を考えたきっかけはその収入の低さです。もともと、それほど好きな仕事ではありませんでしたが、大学を卒業したのがちょうど就職難の時代でしたので、唯一、内定をとることのできたこの会社に就職することになり、そのまま働き続けてきたのです。

しかし、あまり大きな会社ではなく、業績もあまり良くないことから入社から10年近く経った今でもほとんど収入は上がっていません。

それどころか、近年では賞与がカットされることもあり、むしろ年収で考えると下がってしまうことも少なくありませんでした。

もともとそれほど好きな仕事ではない上に、収入も上がらない…そうなってしまえば転職を考えたくなってしまうのも無理はありません。

夢をとるか高収入をとるか

転職活動を実際にはじめてみると、大学卒業時よりも景気が回復していることもあり、それなりに条件に合う求人を見つけることができました。

そこで、現在の仕事の経験を活かすことのできる大手食品メーカーの中途採用に応募してみることにしました。もちろん、収入も大幅にアップします。

そんな時に同時に目に飛び込んできたのが、学習塾の講師募集でした。彼は教育学部を卒業しており、高校の数学の教員免許も持っていました。かつては、教師志望でしたが、あまりにも採用試験の競争率が高いことから、途中で諦め、まったく別ジャンルの就職活動をはじめてしまったのです。

その学習塾の講師は正社員でもありませんでしたし、収入もそれほど良いとは言えません。しかし、教師になりたい、という夢を抱いていたかつての自分を思い出し、結局そこに応募してしまいました。

講師や教師の経験はないものの、教員免許を持っていることもあり、無事に採用され、彼は転職しました。

もともとは収入アップのために転職を考えた彼ですが、結局は自分の好きな仕事をすることができたことにとても満足しているようです。

収入だけを優先して、また同じ業界の大手メーカーに就職していたとしたら、これほど充実した毎日を送ることができていたかどうかはわかりません。

もちろん、誰もが彼と同じように満足することのできる転職先を見つけることができるとはかぎりません。 しかし、あまりに収入ばかりとらわれてしまっていると、あなたの人生を豊かなものにするための大切なチャンスを失ってしまうことになるかもしれません。

価格が安いことから、ジェネリック医薬品は効果もイマイチなのでは?と考えてしまうと損をしてしまうこともありますよね。それと同じことです。たとえば勃起治療薬のバイアグラのジェネリックは、価格は安くてもしっかりと効果があるということで有名です。安いからダメだ、というわけではないのだと言えるでしょう。