HOME<Interview

Interview

「面接は不得意」「緊張して自分が出せない」という人はとても多いです。むしろ、普通のことです。あなただけが不得意なわけではありませんので、安心してください。実は、面接官の側も「面接は不得意」「何を聞いたら良いのかわからない」と思っているケースが多いです。特に部門の責任者などは面接が仕事ではないので、初めての面接ということもあります。

面接官を信用してはいけません

人材紹介会社

【面接官によって見るポイントが異なります】

面接は2回、もしくは3回あります。1回は人事担当者、もう1回は配属部門の責任者、3回ある場合には担当役員や部門のトップです。人事担当は面接に慣れているので、ある程度パターン化された質問をします。仕事ができるかどうかよりも、すぐに辞めたりしないか、社風に合うかどうか、他の部門に異動した場合でも役立つ人材かどうか。几帳面さや誠実さなども見ます。

部門の責任者は自分の部下として役に立つかどうか、職場の他のメンバーとうまくやっていけるかどうかを主に見ています。それぞれ見る角度が違うことを頭に入れて、受け答えをすると良いでしょう。役員の面接は印象だけを確認することが多く、細かなことはあまり気にして評価はしません。

【面接で最低限守るべきこと】

外見で評価されます。清潔感があるかどうか、服装の乱れはないかなどをチェックされますので、髪型やスーツにも気を使いましょう。ワイシャツはクリーニングしたものを着用。靴を磨いて臨むのは最低限のマナーです。爪やひげもきちんとチェック。表情が疲れているとマイナスポイントです。

「転職理由」は最重要な質問です。例えば「やりがいを求めて」と広く答えてしまうと、「もっとやりがいのある会社が見つかったら、また転職するのですか?」と揚げ足取りをされます。「自分のやりたいことが、御社でなら実現できる」というように、幅を狭くして答える工夫が必要です。

「給料が安いので、アップしたい」と答えれば、「もっと高い給料で誘われたら、他社にいくのですね?」となります。「御社の社風が自分に合う」というようなことをメインにして「給料も」と言わなければなりません。

一つの質問に対して一つの答えでも構いませんが、「転職理由」を尋ねられた時に、「志望動機」」も含めて答えると、質問者は気分が良くなります。質問の意図を先読みされたと感じ、あなたの評価は上がります。少ない質問で、多くの情報を返してくれる候補者が気に入られます。

面接で失敗しないコツは、あらかじめいくつかの想定問答を作っておいて、何度も練習をしておくことです。頭の中でまとめておけば、いろんなアレンジがその場でできるようになります。

面接で試されるのは、あなた自身のことです。あなたを一番知っているのはあなたなのです。自分を掘り下げておけば、答えられない質問はありません。練習をきちんと積めば, こわいものなどありません。
参考サイト⇒【就職】面接官が見ている重要なポイント・視点と本音 - NAVER まとめ