HOME<Lifetime work

Lifetime work

せっかく転職したのに、面白くない、うまくいかない、というのはとても残念なことです。「最初で最後の転職」となることが最も望ましいものです。転職で失敗しないコツは、「何のために転職するのか」を明確にしたうえですることです。そして、過去の失敗を振り返って「どうしたら失敗しないか」を十分考えておくことです。

「男子一生の仕事」を見つけましょう

【転職の目的を確認しましょう】

仮に「パワハラ上司とさよならしたい」というのが転職動機だとすれば、「上司さえよければ他はどうでもよいのか」ということをよく吟味しましょう。「給料は下がっても構わないか」「小さな会社でも良いのか」「今までと異なる職務でもやっていけるのか」など。

自分の働く環境の一つ一つをチェックしてみてください。他に必要な条件があれば、加えていかなければなりません。あらゆる条件をクリアしている転職を目指しましょう。全部満たしていると思って転職しても、いくつかはかないません。100%を目指せばわるくても80%くらいのところで着地できるはずです。

【自分を変える方法を磨きましょう】

入社する前には「良い会社」だと思えても、「入って見たら印象が変わった」ということはしばしばあります。面接ではわからないこともたくさんあるものです。「パワハラ上司」から逃れたと思ったら、また同じような上司だったということもあります。あらかじめ、そういうことがあり得ることを念頭においてください。どこにでもあることです。「だまされた」などと後悔するのはあなた自身のせいです。自分で選んだ会社です。

「今度パワハラ上司に出会ったときには、こうしてかわそう」という方法を見つけておきましょう。人間関係において、相手を変えさせることはとても困難です。自分を変えることはそれに比べるとはるかに簡単。人間関係の失敗はコミュニケーションの失敗によることがほとんどです。

相手との対話において、自分がどう変わればうまくいくのかを考えましょう。次の職場では、最初からその戦略に基づいた関係を作っていけば良いのです。そうすれば、本来は敵になるようなタイプの人を、あなたの味方につけることができるようになります。

自分を変えるための最初のステップは、「自分を変えられる」と信じるところから始まります。考え方を変えれば、自分の周りの物事すべてが変わります。人生を変えるのは自分の考え方であることに気づけば、転職はうまくいくものです。

自分が転職に求めているものをきちんと洗い出しましょう。その上で、自分に欠けているものを見直せば、素晴らしい天職に出会えるはずです。
参考サイト⇒自分を変える方法‐【現実主義者が、具体的に強くなる方法を考える】

Top Page