HOME< Lifetime work< Love affair

社内不倫はいけないの?

社内不倫は、発覚すればかなりマズイ事態となります。どちらか一方が会社を辞めなければならなくなることもあるでしょうし、左遷させられることもあるでしょう。不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されることもあり得ます。とはいえ、どんな場合も恋愛は自由です。わが国の刑法には、姦通罪(かんつうざい)はないので、違法行為ではありません。

仕事のできる人間なら人妻にももててしまうでしょう。近年は家庭内のセックスレスや夫のEDが多くなっていますので、密かに性的不満を抱える人妻も増えています。そういう女性から言い寄られたときに、ついつい関係を持ってしまうということはあり得ます。社内不倫にはモラル上の問題はありますし、発覚したときのリスクもありますが、必ずしも悪いこととも言えないでしょう。偶然にもそういうチャンスに恵まれたときには、細心の注意を払って隠す努力をしなければなりません。できる男なら、「バレない不倫」を実現できるはずです。

人妻不倫が増加している!?


ストレス社会を反映してEDを患う男性が増えています。もちろん、バイアグラを服用すれば簡単に治るのですが、そういう努力のできない人も少なからずいるようです。また、性的欲求の弱い男性、いわゆる「草食系」も増えていて、20代ですらセックスレスのカップルがいると言われます。男性の方はそれで構わなくても、パートナーの女性の方はたまったものではありません。若いうちから性生活がなくなってしまっては、人生に潤いを感じられなくなるでしょう。

セックスレスで未来を悲観して離婚する女性も増えていますが、結婚生活を維持しつつ性的欲求を満たそうとする人妻も少なくありません。そういう女性たちが不倫相手を探す一番の場所は、職場です。不倫サイトや出会い系などを活用する人もいますが、不特定多数とのセックスはリスクが伴います。顔見知りとの方がずっと安心なため、おのずと、職場不倫が多くなるのです。できる男にとって、会社は不倫し放題の場所とも言えるでしょう。だからと言って、無分別にモノにしていてはいけません。相手を選ぶことが重要です。

不倫するなら良妻を選ぶこと!

不倫をする際に気をつけなければならない点は3つあります。ひとつは、相手の夫にバレないように細心の注意を払うこと。発覚するしないを先方任せにしてはいけません。家庭内の行動パターンをよく研究した上で、ホテルにはいるタイミングを調整したり、スマホのパスワードを変えさせたりすべきです。もう1つは、会社内では絶対に発覚させないこと。互いに社内では目を合わせないくらいの注意が必要です。

3つめは、最初から「別れ」を想定して付き合うこと。互いに遊びのつもりでも、セックスに溺れると女性は豹変します。体が別れられなくなるのです。「このペニスがなければ生きていかれない」というほどに執着してしまいますので、「本気ではない」ことを常に意識した言動が必要です。また、子どもを大切にする良識ある女性を選ぶことも大事です。家族を第一に考える女性は、どんなにセックスに溺れても家庭を壊そうとは考えません。「良妻」ほど不倫に適していると言えるでしょう。

社内不倫は、仕事のできる男にとって、不可避なのかも知れません。良妻を選んで、堅実な不倫を心がけましょう。