どんな人が「自信がない」と思われるのか?


まず、どのような人の顔が「自信がなさそうだ」と思われるのでしょうか?その多くは中年男性だと言われています。理由は多岐にわたりますが、表情に若さがない、あるいは「この年でペコペコするのはちょっと…」というプライドが顔に表れて仏頂面になっている場合も多いと言えます。

さらに健康面でも「自信のなさ」が顔に出るケースがあります。日ごろの運動不足、過度の飲酒などで顔色がくすんでいるなど、これでは第一印象が良いはずありません。

したがって転職を考えるなら、それと同時に生活習慣も見直してみましょう。「自信たっぷり」という中年男性は、若年層よりも魅力的に映ると言われています。当然、面接官の印象も良くなるため、転職が成功するケースが多いと考えておきましょう。

印象の薄さもマイナス

続いて、「プライベートが充実していない」という点も顔に出てしまいます。自分に自信がある人は、健康で仕事が出来るだけでなく、私生活も生き生きとしている方が多いと言えます。とくに、「男性」としての魅力を失っていないことがポイントでしょう。

その最たる点が「性欲」です。一見すると何も関係がないように思えますが、たとえば夫婦生活が上手くいっている男性は受け答えも明快でハキハキしています。そして、「夫婦生活が上手く行っているのにセックスレス」という男性は少ないでしょう。

また、「女性に興味はあるけど、満足させられる自信がない」人もそれが顔に出ると考えてください。他人はそのような男性の顔を無意識に読み取り、「この人は自信を持っていない人だな」と感じてしまいます。

もし年齢的に性欲の衰えがあるなら、ED治療も視野に入れておきましょう。バイアグラの登場やその他の医療技術の進歩によって、今では非常に高い確率でEDの改善が可能になっています。2014年にはバイアグラの特許が切れてジェネリック品として安価な商品も販売される予定ですから、薬によるED治療もより広く普及していくことでしょう。