HOME< Interview< FAQ

FAQ

転職の面接は何回かに分けて慎重に行われますが、多くの場合、最初に行われるのが人事部の面接です。ここでは、「この人はこの会社に向いているか?」などの組織に対する適性が見られることになります。仕事に関する細かい部分はその後の担当者との面接で行われるのですが、人事部の面接は「型通り」に行われることが多く、対策が立てやすいので、よくある質問をまとめてみました。

どんなことを聞かれやすいのか?


それでは、以下の一覧を参考にしてください。

まずは自己紹介をお願いします。

余計なことは話す必要はありません。氏名はもちろんですが、まだ前職に就いているなら所属している部署など、簡潔にハキハキとした声で言いましょう。

ご自身の長所・短所を教えてください。

長所だけを長々と説明するだけでは面接官に信頼してもらうのは難しいもの。バランスとしては長所のアピールが8割、短所の説明と普段どのように対策しているかが2割、といったところが望ましいです。

将来的に「こんな風になりたい」などのキャリアプランはありますか?

これは非常に重要な質問です。明確なプランがあれば伝えるべきですが、そのプランが転職先にとって「どれほどメリットがあるか?」をアピールすることが大切です。

当社を志望した理由はなんですか?

必ず聞かれる質問です。事前に答えを準備しておきましょう。こればかりは型どおりの回答では不勉強なのがバレバレになってしまいますから、よくその会社のWebサイトや、入手可能であれば新聞雑誌の記事などを読んで共感できるところ、惚れ込んだポイントをまとめて置きましょう。

当社があなたを採用するメリットはなんですか?

あなたがその会社に貢献できる点を強調してください。ただし、「こじつけでは…?」と思われたら逆効果です。「このような根拠から、私は御社に貢献できます」のように、根拠も忘れずにアピールしておきましょう。

あなたにとって「仕事」とはなんですか?

暑苦しい回答はご法度です。「命です!」など、およそ中年男性が言ってカッコいい言葉ではありません。「自分を育ててくれるもの」のように、自分の成長と会社への貢献をアピールしておくことが無難です。

前職の退職理由はなんですか?

決してネガティブな理由を言ってはいけません。「御社のこの点に魅了されて」のように、「転職したい気持ちが抑えられなかった」という点を強調しておきましょう。

今までの仕事にどんな不満を持っていましたか?

こちらもネガティブな回答はご法度です。「自分が思うように仕事が進まなかったとき」のように、仕事と自分を結び付ける「苦労話」のようにまとめると良いでしょう。

また、その不満を解消すべく努力した点はありますか?

この質問は非常に重要です。「解決能力」こそ良い人材の条件なので、解決した方法、また「なぜその方法が有効だと思ったのか?」などもアピールしておきましょう。

まわりの同僚や友人は、あなたの事をどのように評価していますか?

この質問に関しては答えをねつ造しても構いません。人事部は、「この人はすぐに会社を辞めたりしないかな?」という目線でも見ているため、「我慢強い」は良い回答かもしれません。

当社以外に受けている業界・企業はありますか?

あっても「ない」と答えておきましょう。


いかがでしょうか?人事部がよくする質問を一覧でまとめてみました。これを事前に用意しておくと、回答中に無言になるなどの状況を防ぐことが可能です。念入りに準備をして、ぜひ人事部の面接を突破してみましょう!