HOME< Job search< Symptoms

仕事探しはストレスフル!こんな症状には要注意

社会全体の景気が悪化していくにつれて、世相を反映するように就職活動の苦労が叫ばれるようになりました。学生たちの悲鳴は年々大きくなっており、なかにはその過程で心身を壊して脱落してしまう若者たちも少なくありません。

しかし転職もまた、そういったストレスと無縁ではありません。仕事探しとは非常にストレスフルなもので、その最中に心身を病んでしまう人も少なくないのです。 仕事探し中におちいりやすい症状の中でも特に注意すべきものを紹介しますので、自分がそうなっていないかどうか確認しておきましょう。

「うつ病」は他人事じゃない


10年ほど前から注目されるようになった、心の風邪ことうつ病。精神疾患というとなんとなく他人事のように思えてしまうかもしれませんが、誰でもうつ病になる可能性は十分にあります。「心の病」になるのは心が弱いからではなく、理不尽なストレスや疲れなどにさらされてしまえば誰だって病んでしまい得るのです。

仕事探しの最中にうつ病になってしまうケースがしばしば報告されています。仕事探しはストレスと徒労の連続です。どうにか候補を絞って履歴書を送るも梨の礫だったり、面接までこぎつけてもすげなく切られてしまったり……そんな日々が続けば、心にかかる負担は小さなものではありません。

うつ病の初期症状としては、だるい、眠りにくい、物事に興味がわかない、悲観的な気分になる、などが挙げられます。そういった症状があるようなら、「気のせい」「疲れのせい」と軽く見ず、うつ病の初期症状を疑ってかかるべきです。悪化してしまってからうつ病に気づいても、寛解は難しいのです。

いつの間にか男性として終わっていた……

EDもまた、仕事探しのストレスや疲れが招きやすい症状です。R30は体力的にもやや衰え始める年代で、それは精力や男性能力も例外ではありません。老い始めたところに仕事探しの疲れやストレスが重なってしまうと、EDを起こしやすくなってしまうのです。

性的交渉がないならEDでも構わない、どうせ仕事探しで忙しい、という向きもあるかもしれません。そのように割り切れるのであれば、仕事探しが終わるまで放っておいてもよいでしょう。仕事探しのストレスから解放されることでEDが治る可能性も十分にあります。 しかし、割り切れない場合は治療を検討する必要があります。

なぜEDを治療しておく必要があるのか?

EDは仕事探しにおいて不利に作用する危険性があります。EDとは男性機能の低下なのですが、男性機能がうまくいかないとそこから自信を失い、仕事探しにおける面接などで自信をもったふるまいが難しくなってしまうことがあるのです。

ED程度で何をそんな……と思う方もいるかもしれませんが、意外と男の人格において性的機能が占めている割合は大きいものです。ちなみにこの影響力の強さは男の性欲が女性よりも大きいことが影響していると考えられています。

もしもEDを気にしてしまう性格をしているなら、恥ずかしがることなく病院で治療を受けましょう。EDの治療にはよくバイアグラが利用されますが、価格を気にする必要はありません。ジェネリックをはじめとした技術開発によってバイアグラの薬価もまた安くなってきています。