HOME< Head Hunting< What's Head Hunting Company

What's Head Hunting Company

ヘッドハンティング会社は、人材紹介業の一形態です。法律上は普通の人材紹介会社との間には、何の違いもありません。人材会社は「ヘッドハンティング」と自称すれば、そうなることができます。ただし、業界内には一定の線引きがあり、区別する基準があります。

ヘッドハンティング会社って何?

【登録型とサーチ型】

転職人材をどう集めるか、どう探すかがひとつの違いです。一般の人材紹介会社は、WEB上に登録サイトを持っています。転職希望者自らがそこにプロフィールを書き込んで転職を申込みます。求職者から人材会社にアプローチする形態を「登録型」と呼びます。
企業のニーズに合った人材をどこかから探してくるのが「サーチ型」。転職の意思があるかないかには関係なく、マッチした人材にアプローチするのがヘッドハンティング会社です。

【候補者サイドと企業サイド】

一般の人材紹介会社は転職希望者に合う会社や仕事を見つけてくる役割を果たします。「A社がダメならB社はどうか、C社では?」と次々と職を紹介して、いつか転職を成功させるように努めます。「候補者寄り」のマインドとなります。
ヘッドハンティング会社は「企業寄り」です。採用企業の求めるスキルを持った人を見つけてきて、口説いて企業に紹介します。話がうまく行かなかったときには、候補者とはそれきりです。企業に対しては別の人材を紹介すべく、人材探しをします。

【特徴はどんなところ?】

ヘッドハンティング会社の良さは、担当者一人ひとりが自分のクライアント企業を持っていることです。会社の実情をよく理解しているので、転職候補者は事前に相手の企業をかなり詳細に知ることができます。面接も最初から幹部社員との面談であり、採用可否の判断スピードも早いです。
候補者にとっては、アプローチを受け転職する気になったのに「不採用」になると、身の振り方に困ります。他にマッチする転職先があるかといえば、ヘッドハンティング会社にはほとんどないのが実情です。
ヘッドハンターは個人事業主的な就業形態のことが多く、収入は歩合制です。候補者とは「運命共同体」になりますので、仕事への真剣さは、一般の紹介会社に比べると強いです。人間的な付き合いは、紹介会社よりも濃くなります。

ヘッドハンティング会社と人材紹介会社の違いは、サーチ型か登録型か、企業寄りか候補者寄りかという点です。法律上の区別があるわけではありませんので、実際上は「ヘッドハンティング」と名乗った会社はすべてそうなります。

Top Page